帯の履修期間について

IBJJFの規定では昨日も書いたように帯に履修期間が必要となります。青帯から紫帯までは2年、紫帯から茶帯は1年半、茶帯から黒帯までは1年間は巻かなくてはなりません。
ここで間違いやすいのが先生から帯を許可された日が履修期間のスタートではないということです。
IBJJFの会員登録をした日がスタートです。今年からJBJJFのカードが廃止されてしまったためにどちらのカードの更新もしていない人が多いのですが実はそれでは履修期間を満たしていないことになります。JBJJFのカードは関係ありません。 IBJJFの会員登録の更新時に会員情報の変更に帯の欄があるのですが履修期間を満たしていない場合はそこに新しく昇格できる帯色が選択できません。
今青帯で試合に出ている人が登録するとそこから2年は紫帯に上がれなくなってしまうということです。そういったことを防ぐためにIBJJFの会員登録は毎年更新することをお願いしています。
前出の場合、青帯での登録を諦めて紫帯に昇格した時点で新規で紫帯を登録する方法があります。現状ではこのやり方を青帯を2年近く巻いている人には勧めています。
ただこの新規登録も茶帯以上では仮認定期間というプラス2年が加わります。そしてこれは僕個人の予想ですがその新規登録がどの帯でも出来るという現在の手段がこの先も可能かどうかはわかりません。もしかしたら数年後には新規登録は青帯からしか出来なくなる。そんな可能性だって十分考えられると思います。なのでなるべくはまだ登録していない人は今すぐIBJJFの会員登録をするようにしてください。