アソシエーションの目的

アソシエーションに加盟する理由は帯の承認が大きな目的だと思います。
自分としても帯の承認はもちろん、各道場の柔術の盛り上がりなどに協力したいという気持ちはあります。
柔術は個人競技ではありますが仲間がいなければ試合はもちろんのこと練習も出来ませんから、いかに仲間を増やして環境を整えていくかというのも目的の一つだと思います。
どうしたら仲間が増えるか?そこはやはりいかに柔術を楽しんで続けても らうかという点につきます。

ではどうしたら楽しんで続けられるか?
セミナーやクラスなどでみなさんからいただく要望は流行りの技、得意な技を教えて欲しい、ということが多いです。おそらく流行りの技や黒帯の得意な技を教えてもらえれば使えるようになり楽しくなれる、また試合でもどんどん勝てるようになると考えるからだと思います。
自分は方針的にもドラゴンズデンの人はみんな僕が得意な技を使える、そんなイメージはなくていいと思ってます。例えばデラヒーバ先生の道場の人はみんなデラヒーバを使うというイメージですがそんなことはないわけです。実際、うちの道場はみんながみんな同じ技を使うわけではなくそれぞれ個性的だと思ってます。
そして現実的にも初心者の方に完成された技だけを教えても実際にそれだけで得意になることはありません。

なぜなら基礎的な部分が出来ていない方がほとんどだからです。しっかりとした土壌の上に木は大きく育ちます。もし砂に木を植えてもそれは育たないですし、巨木になることはないですよね。打ち込みの場合、相手は受けてくれます。
しかし試合やスパーリングではディフェンスをしてきてかかりにくいようにしてきます。それを無理矢理やろうとしてもそれで技がかかるほど簡単ではないというのはスパーリングをやったことがある人ならばわかることだと思います。
それでもスパーリングや試合でその技を使うことを目指してひたすら使ってみるけど使えず、その技は自分に合わないのか?その技自体が使えないからなのか?自分が覚えていないからなのか?で結局使わなくてなっていく、そんな経験はありませんか?
理由はもっと根本的な部分にあります。技を使えるレベルに自分自身の基礎力がないだけです。なのでこの全ての基礎となる部分だけを道場、アソシエーションで共有していけたらと考えてます。

では基礎力を上げるためにどうしたらいいのか?繰り返しますが、基礎力とは全ての技術の土台となるものです。地味な作業ですので正直つまらないですし、疲れます。しかしながら柔術の技というのはそんな基礎的な動きがいくつも重なって出来てます。一つ一つのパーツをマスターする方が先になるわけです。
この基礎構築の時期はまさに我慢の時間だと思います。これは教えてもらう側の人はもちろん経営者側にも言えることです。
地味な基礎練習は正直つまらないです。これが嫌で辞める人もいます。もっとテクニックを教えてくれる道場に移籍するかもしれません。それでも我慢して基礎を叩き込む必要があります。するとこの時期を我慢した生徒は基礎がしっかり出来ているので怪我もしにくくなりますし試合でも結果を残すことが出来て結果的に長く柔術をやってくれます。そもそも基礎をつまらないと思う人は何をやっても長続きはしないと思います。つまり生徒に基礎の大切さをいかに楽しく教えることが出来るかが先生の役割だと思っています。
基礎の重要性を書きましたが基礎力がつけばフィジカルや体重で無理矢理力一杯動く必要もなくなるので怪我をさせることも自身が怪我をすることもなくなり柔術はさらに楽しくなります。

無事これ名馬という諺があるように怪我をしないこが楽しむための最重要事項だと思います。
指導者は柔術の楽しさを伝えたいと思うなら地味でつまらない練習をさせることが結果的には柔術の楽しさを最短で理解してもらえる手段だと理解すべきだと思います。
帯の承認も同じ原理です。これまで14年、道場をやってきて試合で勝っても帯が上がらないとモチベーションが上がらないという人も何人かいました。
なぜ、試合で勝ったのに帯を出せないか?それはいくら試合で勝っていても基礎力がなければ後々困るのはそれで帯が上がった生徒です。
帯が上がれば上がるほど基礎力がなければ通用しなくなるからです。
大人はもちろん、子供でも帯をモチベーションを上げるための道具にするつもりはありません。しっかりと基礎力をつけて練習に励めば帯の色は自然と変わっていきます。怪我をしない、させないの精神で柔術の本当の楽しさを広めたいと思います。
具体的な基礎練習は近日中に指導させていただきますのでお待ちください。