黄金世代

僕の中で道場運営は野球とかサッカーみたいな、なんというか育成が楽しみです。

柔術クラブをつくろう!
IMG_5915

すごい素材!と思っても怪我してだめだったり、あんまり期待できないなーと思ってたら今は黒帯になってたり。
もちろん他道場ではじめて移籍してくる方の活躍も楽しみではあります。
が、誤解を恐れずに言えばやっぱり生え抜き。
白帯から育てていくのが一番楽しいし、勝ったら泣けます。
なにより感情移入がしやすい。
ちょっと脱線しますが、柔術はやっぱりその根本となる部分、ルーツがすごく大事だと思います。
ルールも大切ですが。
自分もパラエストラには移籍組でした。
中井先生にも言われましたが自分の中の基礎力は慧舟會でした。
柔術で言えば白帯から青帯の頃に身につけた基礎力がかなり重要になると思います。
その頃に身につけた技術が自分のスタイルの基礎になるからです。
そういう理由で自分のポリシーとしては紫帯以上で移籍してきた方にはそのルーツを大切にしてもらいたいと考えています。
そういうルーツがしっかりある人はその上にいろいろなテクニックであったりフィジカルであったりをつけ加えていくことで大きくなっていくものです。
ちなみに育成の話に戻ります。
ドラゴンズデンになってから一度だけ全日本選手権で団体優勝をしているんですがその少し前に入会した世代が僕が一番期待した世代、まさに黄金世代でした。
そしてその黄金世代でも特に期待した三人がいたんですが、一人は早々に怪我してリタイア。
残る二人も伸び悩み。
同じ世代であまり見込んでなかった山田くんが先に黒帯に 笑
FullSizeRender
山田くん、ごめん!
何が言いたかったのかというと今週末の修斗杯はお願いだから優勝してくれ櫻井徹也。
そしてもう一人。
昨日、職場での怪我から復帰してきました。
徹也には悪いけど素質は一番だと思っている高橋ジェット翔。
自信さえあればとっくに黒帯なんだから本当、頑張ってください。
あとは美人秘書が欲しいw