やる気とコツコツな話

2回、高田馬場にあるT-GRIP TOKYOで柔術クラスを指導させてもらっているのですが、今月はグラップリングの大会やらIBJJFの大会やらで前回の指導日から間があいてしまい久しぶりになりました。

んで、そこに若い子が一人いるんですが久しぶりに練習してみたら、これがまたなんというかすごく上手くなってました。
以前はスパーリングしててもなんというか響かない太鼓みたいで動かしてあげてもそれがわからなくて無理矢理突っ込んできたり?的な感じでした。
それがこの前の日曜日に久しぶりにやってみたらちゃんと響くようになってきてました。
結構練習を頑張ってる人たち、彼らは今日も川越の朝練に参加しに来ているんですがそんな彼らが周囲にいるので必然的に練習しているようです。
何がいいたいのかと言うとやっぱりコツコツとやることって大事だなと。
最近、向き不向きが話題になったりしましたが向いてなくてもコツコツやること、続けていくことが大切なんじゃないかと思います。
コツコツやっていくことで一番大切なのは『本人のやる気』。
周りがいくら頑張っても本人にやる気がなかったらそれは時間とお金の無駄。
高田馬場の彼の場合も周りが頑張っているのについていこうとするやる気があるから成長したんだと思います。
ちなみに最近、うちの千尋さんが柔術もどきなことをよくやります。
情熱大陸のクルーの方にも柔術をやらせるんですか?って聞かれたんですがそれは千尋さんのやる気次第と言ってみました。
彼がやる気があれば応援しますし、サッカーとか野球とか他に興味があることをやってくれたらと思います。
そんなことを考えていたら高田馬場の彼、無理矢理動いて怪我してました。
まあ、そういうのも含めて成長してくれたらと思います。
IMG_5841