技術力を伸ばす練習

Twitterでも書いたんですが、女子選手と練習するときは技術メインでスパーリングするようにしましょう。

女子だけでなく体重差がある場合や技術のある軽量級の選手との練習も同じなんですがフィジカルや体重で潰すといったことをしないで練習することに意味があります。
足を捌く、脇を差すといった基本的なことをしっかりとやって相手の動きを止めることが大切です。
ここにフィジカルや体重を使わない。
もちろんそれでエスケープされることもあるでしょう。
しかしその場合はもう一度チャレンジすることができるじゃないですか?
それを繰り返すことで自分の技術が上がります。
自分の技術力をあげるチャンスをフィジカルや体重でやってしまうことで自ら潰してます。
すごくもったいないです。
そして仮にフィジカルや体重でその技をきめたとしてもそれは試合で役立つかどうかは疑問です。
単純に考えて仮に自分と同じ、もしくは自分よりフィジカルや体重がある相手にそれが通じますか?
そしてこの理論は軽量級にとってはすごく練習になります。
だって階級別の試合でそんなプレッシャーを受けることはないはずだからです。
このようにフィジカルや体重でスパーリングしてしまうと自分にはメリットが薄いです。
技術力を伸ばす練習を意識してみてください。