勝負所で必要なもの

昨日のサッカーA代表戦。

一言でいうと無難。
森保監督になって初の3バックを試したところをみるとまだ試行錯誤、オプションを増やしたい感じなんだと思う。
一方、選手も選手で大きなミスをしてしまうと次呼ばれなくなるからあまり一か八かの勝負はやりづらい感じ。
今日はそんな感じでミスをしなければいいや的な試合だったように思う。
あれじゃあなんにも生まれない。
かつてのワールドカップ南アフリカ大会の時の本田圭佑のように。
あの大会、勝負所をものにしてレギュラーの座を中村俊輔から奪いました。
サッカーに限らずなんでも勝負所というものがあって、関ヶ原の戦いとかでいうところのその時歴史が動いた的なシーンがそれ。
そういう一か八か、勝負所で感覚的に成功する確率が高くなくても行かなきゃいけないシーンがきます。
もちろん成功する確率が高くないもんだからそこで勝負しない選択肢もあります。
がそこで勝負しない人はそこで失敗する人と一緒でその人はそれまでの人。
一か八かの勝負で運良く成功を収めることができた人というのがそこからシンデレラボーイ的な成長を遂げる。
こういう危機的チャンスをものにできる人は本当に成長する。
ちなみに経験上、だいたい若手に多い。
中堅の人にこういう爆発的成長が少ないのはそれまでの経験から石橋を叩いて渡ってしまう確率が高いから。
若手はいかんせん経験が少ない分怖さを知らず、また失うものがないのでこういう勝負所を自分のものにしやすいのではないかと思う。
そしてここからが大事。
この低成功率で勝負に行けるかどうかというのはメンタルの部分が大きい。
咄嗟の判断で迷いなく勝負出来るかどうか?
反応の速度も大切だけどもそれよりもメンタルだと思う。
反応していても気持ちに迷いがあればそれは躊躇として失敗するからだ。
そしてそのメンタルを鍛えるのは日々の練習に他ならない。
練習はいくらやっても100%の自信にはならない。
けど失敗することの中から成功することでその自信を少しでもあげることができる。
勝負所での成功確率を20%から30%にあげることが大切。
そして最後は運。
こればかりはどんな努力をしても関係ない。
ただ努力をしないと運はまわってはこない。
最後は運が必要なんだけど運が良くても実力がなかったらそれはうまくいかない。
運が回ってきたときにうまくいくためにしっかりと準備していればいい。
これがうまくはまったときに人は急成長を遂げる。
今回の日本代表。
久保選手を筆頭に楽しみです。
はたして彼らはスターになれるのか?