ビギナーから青帯への道

IMG_2700

今日のビギナークラスではニーオンザベリーの質問をうけました。

ニーオンザベリーをスパーリングでうまくできないという内容でした。
なぜうまくできないのか?
①ニーオンザベリーの形がわからない。
②相手がうまく逃げる。
①のニーオンザベリーの形はルールブックで確認しましょう。
間違った形だとアドバンテージも入らないので注意してください。
②の相手が逃げてしまう場合。
ニーオンザベリーもほかと同じく3秒キープが必要です。
なので3秒キープする前に相手が逃げてしまうのは想定の範囲内にしておきましょう。
ニーオンザベリーが取れなければそれをもとにしてマウントやバックなどのより高いポイントを狙います。
そうすることで相手はニーオンザベリーに対するディフェンスだけでなく、マウントやバックのディフェンスをしなければならなくなり全体的に相手をコントロールすることができるようになります。
そこでルール的な話になりました。
パスガードからマウントを取る流れで一度マウントを取った場合、次にニーオンザベリーをした時のポイントは入るかどうか?
このようなポイントの取り方についての話となりました。
結果、毎回ルールブックに目を通しましょうが出来ていない方が多いこと多いこと。
ルールを覚えてくださいはスイープが2点とかそういうことではありません。
ポイントやアドバンテージ、残り時間によって何をしたらいいのかがわかるようになります。
膠着ペナルティでさえも勝つためには必要になる場合もあります。
その意味がわかるようになってもらいたいと思います。
とりあえずルールブックを読んでください。
ルールブックを読んだなら絶対に質問してくるはずです。
なぜなら読んだだけで意味がわかるものではないと思うからです。
青帯を目指すならルールを覚えましょう。