コラム的なアレなやつ vol.1 柔術の帯について

柔術の帯は白帯から始まって青、紫、茶、黒と上がるんですがどうやったら上がりますか?的な質問が多いです。

とりあえずざっくり言うと団体登録をしている道場で指導者登録をしている先生がそのアカデミーとアソシエーション内の生徒にのみ独自の判断で帯を発行する感じです。
黒帯の認定は茶帯以下は黒帯から、黒帯の認定は黒帯二段以上からできます。
ちなみに自分は三段なので黒帯も出せます。
次に昇格の基準についてよく聞かれます。
この基準についてはそのアカデミーのポリシーによりけりです。
統一基準みたいなものはありません。
ちなみに自分はアソシエーション含めて試合結果、練習の様子から判断する感じです。
よく他競技での実績がある選手の帯について問われますがこちらは連盟基準である柔道やレスリング、MMAなどの実績を考慮しています。
が、自分の考えでは、それら他競技に偏って柔術の試合で出した結果で帯を上げることはしません。
他競技の技術だけで柔術の試合で結果を残すのではなく、柔術の技術の中で他競技を利用して結果を残すことを評価したいと考えています。
他競技の経験がダメなのではなく、あくまで柔術の技術を評価していきたいと思っています。
こういった部分がアカデミー毎の特徴があるのも柔術の面白さだと思います。image