スパーリング中心の練習方法

image

今日のコンぺクラスもひたすらスパーリング。
とにかくスパーリングしました。
僕は技の練習は打ち込みとかは正直好きではないのでスパーリングの中で何回も失敗して出来るようにしてきました。
質より量の練習をしてきました。
この場合、注意してもらいたいのは強引にやりたいことをやるのではなくて相手の技を受ける中で自分の距離というか自分のテリトリーに入れることを特に意識します。
そこに入って初めて技をかけシーンになります。
なのでその技をかける確率はすごく低くな
ります。
技がうまくかかる確率はさらに低いです。
ちなみに強引に技をかけようとしてはいけない理由ですが多分やればわかると思う。
自分より力がない相手などにしかかからなくなるからです。
脱線しましたがつまりこのスパーリング中心の練習方法は効率的かと聞かれたらあまり効率のいいのではないと思います。
が、メリットとしては実践的な練習である点。
相手のディフェンスに対応しなければならないのとその技を繰り出すために必要な流れを身につけられることがあります。
より効率的に練習したい場合は打ち込みなど反復練習を取り入れてスパーリングとのバランスをよくしていくことをおすすめします。